強制的に避妊できる | 通販で買えるアフターピルで避妊!飲み忘れには要注意

通販で買えるアフターピルで避妊!飲み忘れには要注意

強制的に避妊できる

緑のカプセル

アフターピルは、低用量ピルや中用量ピルなどのように、定期的に服用する必要はありません。
性行為終了後、もしかしたら妊娠してしまったかもしれない…と思った時に緊急で服用することで、避妊効果をもたらしてくれるものです。
数錠の錠剤を体内に取り込むだけで、緊急的に避妊できるのは、少し不安に感じてしまう女性もいるのではないでしょうか。
体内でものすごい反応が出てしまうのではないか、もう二度と妊娠できなくなってしまうのではないか、と不安に思うかもしれませんが、そんなことはありません。
アフターピルが女性の体内に投与された時、どういう反応を示すのかというと、一言でまとめるなら子宮内膜を強制的に剥がす、という状態になります。
子宮内膜がなければ着床することができないので、妊娠に至ることはありません。
つまり、妊娠してしまってからでは何の意味も持たない、ということになります。
リミットは性行為終了後から72時間で、それ以降はもう手遅れなのです。
最も効果をもたらすのは性行為終了直後に服用することですが、仮に手元にない場合にはそれは不可能でしょう。
夜中には空いている産婦人科もほとんどないですし、事件性がない限りは医療機関に駆け込むこともできないでしょう。
なので、アフターピルは前もって用意しておくことが望ましいのです。
定期的に服用する必要がないので、性行為をする機会が多い女性は、緊急時のために持っておくといいでしょう。